UV印刷|特殊印刷|取扱い印刷物|厚紙印刷・パッケージ印刷のブラザー印刷株式会社

特色印刷オリジナルパッケージ製作ブラザー印刷株式会社

お電話でのお問い合わせ 0120-697-277 受付:月〜金曜日(平日)9:00〜18:00

UV印刷
Dm printing

従来のオフセット印刷では、印刷面が渇くのに一定の時間が必要でした。印刷面が乾燥する前に次の加工工程に移ってしまうと印刷面が汚れてしまう危険性があり、短納期に対応できない主な原因となっていました。

UV印刷

UV印刷を用いると印刷面がより早く硬化するため次工程に移りやすいというメリットがあります。また、通常のオフセット印刷では苦手とするホイル紙や蒸着紙など、特殊な紙への印刷も可能であり印刷物の表現の幅が広がります。
特に化粧品やスポーツ用品など、パッケージの見た目が重視される業界ではこうした特殊紙での印刷が多いためUV印刷が重宝されます。

UV印刷の特徴

  • 印刷後に乾燥させる時間が短いので短納期ができる。
  • 印刷した直後から次の工程に移ることができる。
  • 印刷後の裏移りがない。
  • 印刷する素材を選ばない。
  • 硬化が早いため蒸着紙やホイル紙などに印刷ができる。
  • インキに臭いが少なく、耐久性に優れている。

UV印刷は専用のインクを用いて印刷し、印刷した後すぐに紫外線(UV)を照射することでインクを硬化させます。ただし、硬化するのは皮膜であり、瞬時に全てのインクが固まるというわけではありません。刷りあがりのものを爪でひっかいたり擦ったりすると皮膜が破れて乾ききっていないインクが付いてしまうのでご注意ください。

お見積もり・ご相談・サンプルプレゼントなど、お気軽にお問い合わせください。0120-697-277 受付:月〜金曜日(平日)9:00~18:00 お問い合わせフォーム